第66代、三木元首相 とは

いわゆる三木派。 徳島県の人  明治大学法学部卒。

「神風候補」と呼ばれ30歳の若さで衆議院議員に当選。19回も当選し、51年議員を務める。清廉潔白な理想主義者で、戦前から、軍部に対しアメリカとの戦争に反対した。GHQにも買われた。

在任中に、ロッキード事件で前首相、田中角栄が逮捕され、政争に巻き込まれる。

政党政治の金権主義を嫌う清廉理想の人。ゆえに派閥は少数派であったが、三木派を形成する。

「クリーン三木」と呼ばれ、政治の浄化につとめる。

政治の手腕にも優れ、独占禁止法の改正などを進めた。

三木武夫の特徴と容姿

厚い黒ぶちめがね、大きな耳。

キリッとした眉と細い涼やかな目が、清廉な性格を現している。

ホクロがおちゃめ。

エピソード

甘いものが好き。奥さんの作るハチミツ入りコーヒーやアンパンが好物。

スーツのポケットにピーナッツを入れて食べる癖がある。食べかすやカラが後から衣服から出てきて、夫人が片付けたとのエピソード。おちゃめなのだ。

若い時から正義感が強く、高校生のときバザーの売上金の不正をめぐりストライキを行い、退学になっている。