女性 海外の人 王様・将軍・貴族

ケーキ食べたらいいのに:マリー・アントワネットの似顔絵イラスト

マリー・アントワネットの似顔絵イラスト

マリー・アントワネットの似顔絵イラスト

マリー・アントワネットとは

フランス王ルイ16世の妻、マリーアントワネット フランス革命で断頭台に消えた悲劇の王妃と言われている。

日本では非常に人気のあるキャラクターである。

池田理代子氏の大ヒット漫画「ベルサイユのばら」の主人公として非常に親しまれているからだ。

オーストリアのマリアテレジアの娘で、14歳の時にフランス王宮に輿入れした。

スウェーデンのフェルゼン伯との醜聞、当時の貴族、王族の浪費の象徴のように憎まれ

パンがなければケーキ(ブリオッシュ)を食べたらいい

という名言があるが、それは実際に発言したものではなく、デマであったらしい。「オーストリア女」と民衆に嫌われ、多くの諷刺画が残っている。

しかし、実際は、王室の儀式をいくつも撤廃し、簡素化したという功績もある。保守的な慣例を失くしたことで、貴族たちにも反感を買い味方されなかった。それもギロチンに消えた要因の一つではないか。

マリー・アントワネットの特徴と容姿

マリー・アントワネットの肖像画

エリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブラン - Versailles, パブリック・ドメイン, リンクによる

映画や漫画にも登場するルブランという女性画家の手による肖像画。

当時の豪奢な衣装やヘアスタイルをふんだんに取り入れている姿。マリーアントワネットは最先端のファッションリーダーとしての存在であったのだろう。

アッシュシルバーのカツラ、色白の頬のピンクといい、口元がかわいらしく、無垢のようでいて、どことなく高慢な印象がある。

やはり、当時の世相や社会に嫌われたのは、それなりの浅はかさがあってのことと思われる。

本人は無垢で知恵がなかっただけという悲劇性はあれど、なんとなくモヤる容姿なのだ。

アントワネットは多くの映画や小説、漫画の題材に

マリーアントワネットを題材にしたコンテンツは多く作られている。

シュテファン・ツヴァイクの「マリー・アントワネット」という小説は、池田理代子氏の「ベルばら」に影響を与えたという。

最近では「イノサン」というフランス革命を題材にした漫画でも、マリーアントワネットは矛盾が多く魅力的なキャラクターとして描かれており目が離せない。

イラストご使用にあたって

昔の有名人の顔や政治家、歴史人、首相、作家、著名人の似顔絵イラストなどをフリー開放してます。基本的に亡くなった人だけです。

商用利用可、加工改変OK連絡不要ですが10点以上利用する場合は必ずお知らせください。

フリーはこのfree.nigaoe.workに載っているセピアカラーの顔のイラストのみです。文章引用はBlockquoteタグを用い、当サイトをリンクしてください。

著作権は放棄しておりません。以下の行為は損害賠償対象とします。

【禁止事項】

  1. 二次販売(加工してグッズ販売に使う)
  2. 転売(価格をつけて売る)(例:顧客への制作物)
  3. 素材配布サイトへの掲載
  4. 自作宣言
  5. 公序良俗に反する使用(風俗サイトなど)
  6. 誹謗中傷目的の使用(例:政治のプラカード等)
  7. 直リンク
  8. 文章・ネタ・サイト構成などの盗用




-女性, 海外の人, 王様・将軍・貴族
-, , , , ,

© 2019 萩谷尚子